こんにちは、ミクです。

最近、ルーツポーチを購入する前にお客様から相談されることが多いのが、「鉢底石を入れた方が良いですか?」という質問です。

今回はその疑問に応えようと思います。

 

1鉢底石をリョウチクでは使っているのか?

最初に、両筑で植物を生産する時、鉢底石を使っているのか?

使ってません!

生産する時は年に1〜2回植替えする植物があるし、毎回鉢底石を入れてたら、取り除いてまた入れて、、、と大変なことになります。

どこの植物生産者さんも、大体同じで生産に鉢底石は使ってないと思います(樹木や多年草以外はよくわかりませんが)。

通気性や排水性は、土を使い分けたりルーツポーチやニューポット などを使うことで確保しています。それで問題は起きてません。

 

2 鉢底石の効果って何?

鉢底石を使うと、以下のような効果があると言われてます。

  • 排水性が良くなる
  • 通気性が良くなる
  • 根が崩れにくい
  • 泥が流出しにくくなる

こう書いてあると、鉢底石してないと植物に悪いんじゃないかな、、、と思いますよね。

 

3 鉢底石入れた方がいいの?

そうみなさん思いますよね、、、。

リョウチクとしては、「鉢底石は必須ではない!」と思います。

上にあった効果ですが、自分たちの対処方法は、、、

  • 排水性が良くなる→ルーツポーチや伝市鉢などの日本の植木鉢を使うと、鉢自体が排水性が良いので、鉢底石がなくていい。
  • 通気性が良くなる→これもルーツポーチや伝市鉢などの日本の植木鉢は、鉢の素材や作りが通気性が良いので鉢底石がなくていい。
  • 根が崩れにくい→ちょっと意味がわからなかったのですが、鉢底石がなくても根に影響は特にないです。
  • 泥が流出しにくくなる→ルーツポーチは素材がフィルター代わりになるので、土が流出しにくい。他の植木鉢は鉢底の穴に不織布や古くなって使わないルーツポーチを使うので、あまり流れでない。

なので、リョウチクに「ルーツポーチや植木鉢に鉢底石入れた方がいいですか?」と相談があった時は「入れなくても大丈夫です」と答えてます。

 

どうしても入れたい方は、入れてもいいと思います。お店で販売されているので、入れた方がいいかなと思うのは仕方ないと思いますので。

ただ、大きめのルーツポーチや植木鉢で土を入れると、重くなってしまって移動がしにくくなるので、少しでも軽量化したいという方には、軽石タイプの鉢底石を入れるのをオススメしてます。

特にルーツポーチは通常の鉢よりも土がたくさん入るので、サイズが大きくなるとハンドルありでも移動したい時に移動が大変です。

少しでも重さを減らしたい時は、軽石タイプの鉢底石を使えば、その分土の量が減るので重さも多少減らせます。

 

4 結論は?

リョウチクとしてのアドバイスは

鉢底石は入れなくてもいい!植物の育ちに影響はない!

です。必須じゃないので、両筑のサイトでも販売してないというのもあります。

なので、ルーツポーチでも他の植木鉢でも、鉢底石はなしで土を入れて植えてください。

その方が余分な手間やお金が発生しないので、良いとも思います!

リョウチクでは、下記の植木鉢を販売しています。

どれも一度使用して、植物にとっていい環境を提供してくれるのを分かった上で販売しています。気になる方はぜひチェック!

ちなみに、日本の植木鉢を購入していただくと、鉢の穴に置くネットと不織布をおまけでつけています。

 

ルーツポーチ

 

日本の植木鉢(伝市鉢 いざわ製陶 Timber Pot  Nota design)

 

リョウチクで植物を購入する時、植木鉢はどのサイズが良いか、土はこれでいいかな?と迷う時はぜひ相談を。

友だち追加

メールでの相談→メール

LINE@友達追加でお得な情報GET
植え替えサービスについて

CART

follow me

Instagram

Facebook