こんにちは、ミクです。

春になって、新芽の伸びが盛んな時期になりました。

リョウチクで買った植物、調子はいかがですか?

どんどん伸びてくる新芽ですが、斑入り植物を観察していると、ちょっと気になるところがあると思います。

 

みなさん「先祖返り」ってご存知ですか?

辞書で調べてみると

「親に現れていない、先祖(特に祖父母)の遺伝上の特徴が、子に現れること。」

と書いてありました。

実はこれ、斑入り植物ではよくみられる現象なのです。

今回は実際の植物を例にして、対処方法も教えたいと思います。

 

斑入り植物は、元々は緑色の葉の植物から発生してます。

発生のメカニズムは、詳しくはこちらのサイトをご覧ください!

植物の斑入りの葉はどのようにしてできるのですか? 

斑入り植物の先祖返りというのは、緑色の葉が出てくることです。

ここで一つ実例を。

私が育てている、斑入りのメトロシデロス(昔は生産してましたが、今は作ってないです)。

今月に入ってから、新芽がどんどん開いてきましたが、、、通常は黄色もしくはクリーム色の斑が、葉の淵に現れるのですが、緑色の葉が出てきてます。

実際に見てもらうと、、、

斑入りの葉の中に、緑色の葉が混じってますね。

 

これをそのまま残しておくとどうなるのか。

植物の健康に問題があるわけではなく、遺伝的要素でどうしても緑色の葉が出てきてしまうので、残しておいても植物が枯れるわけではありません。

ただ、緑色の葉を残しておくと、斑が入っている葉よりも生長が旺盛なので、斑が入った葉があまり生長せず、緑色のところだけどんどん伸びて、いつの間にか全体的に緑色に、、、という事があります。

なので今の時期に緑色の葉は切ってしまいましょう!

緑色の葉になっているところにハサミを入れて

 

切ります!こうしておけば、隣の斑入り葉がメキメキ生長します。

他にも数カ所ある場合は、同じように緑色の葉が出ているところだけ剪定しましょう。

緑色を残しておくと、斑入りの葉が全部消えてしまうこともありますよ!

 

今回はメトロシデロスで紹介しましたが、斑入り植物は先祖返りがどうしても起きてしまうので、今新芽を観察して、緑色の葉が出ているかどうかチェックしてください。

「これ切ってもいいの?」「どれくらいまで剪定していいの?」と迷う時は両筑プランツショップへ相談を(他社生産の植物につきましては、相談を受けられませんのでご了承ください)。

友だち追加

メールでの相談→メール

LINE@友達追加でお得な情報GET
植え替えサービスについて

CART

follow me

Instagram

Facebook