図解でよくわかる 土 肥料のきほん

Detail

型番 9784416714270
販売価格 1,760円(内税)
購入数

土は植物の命を左右する、大事な基礎。

たかが土、されど土。

土作りと肥料の基本を理解すれば、植物にとって心地よい土が
何なのかわかると思います。

両筑植物センターで生産しているオーストラリア植物、斑入り植物は性質は違えどみんな土に植わっています。
土の基本的な構造や性質は、どの植物を育てるのにも通じるのです。

土と肥料について、基本的なことを知ればどんな植物を育てるのにも、基礎になります。
そして基礎をカバーしているのが、こちらの本。

この本を読むと、土がどのようにできているのか、良い土とは何か、というようなわかっているようでわかってないことが丁寧に説明されてます。

肥料についても、肥料を買う時によく見る「N:P:K」の表示の意味やぞれぞれの成分の役割もわかります。

植物を育てる時、土も肥料も当たり前に使うものだからこそ何が良いものなのか、本を読んで理解するのは
大切です。

同じ出版社で病害虫の本もあります。

どちらも初心者向けにわかりやすく解説してあるので、セットでいかがでしょうか?

[書籍情報]
著者名: 一般財団法人日本土壌協会(監修)
発売日: 2014-08-11
ISBN: 978-4-416-71427-0
判型: A5
副書名: 選び方・使い方から、安全性、種類、流通まで
ページ数: 160
出版社: 誠文堂新光社

*2冊購入の場合、クリックポスト、レターパックプラスが利用できます。上記数量以上もしくは他商品を一緒に購入されて入りきれない場合は、配送料を変更させていただきます。ご了承ください


[返品・交換についての注意事項]

こちらの商品は商品の性質上、著しいダメージや損傷があった場合のみ受け付けております。お客様都合での返品、交換につきましては往復配送料のご負担でお願いしております。ご了承ください。
大きさもしくは色や形のイメージ違いによる返品・交換はお客様都合になります。

ご利用のブラウザ、モニターの性能、設定により画像の色や質感等につきましては、 現物と若干の違いが出る場合がございます。あらかじめご了承ください。

Detail


CART

follow me

Instagram

Facebook