こんにちは、ミクです。

最近、両筑プランツショップの植物で、屋内で育てられるオススメのものはありますか?と聞かれることがあります。

植物を育てる場所が外にない!庭がない!庭が日陰!

と色々な理由があって、屋内で育てたいという方がいらっしゃると思います。

観葉植物で検索すると、よく見かける植物はあるけど、ちょっと違ったものが欲しいとなると、何があるのかわかりませんよね?

 

今回は、両筑プランツショップで販売している植物の中で、観葉植物として育てられる植物を紹介します。

アクメナ リリーピリー

 

アクメナは本当にそだてやすい!初心者向けのセットを作るくらいなので、ガーデニング初心者にもオススメ。

そして真っ赤な新芽もいい!

そして、新芽が赤くて鮮やか。花は一瞬だけど、新芽は春〜秋にどんどん出てくるので、見ていると植物が元気な感じもしていいですね。樹木全体が真っ赤に染まるのも、面白い変化ですね。

アクメナが、なぜ観葉植物としてオススメなのかというと、

  • 家の中で育つ。真っ暗な場所は難しいけど、窓側などちょっと明るめの場所ならベスト。
  • 水やりの調整がいらない。常に土が湿った状態にしておけば大丈夫。
  • 剪定しやすい。ちょっと切ればすぐに新芽が出てくる。

といいところがたくさん。

水やりは本当に楽です。根腐れすることがないと言えるので、2、3日不在でも。受け皿や鉢カバーに水を貯めておけば、ちゃんと吸収してくれます。

アクメナは、剪定でいろんな形を作れるのも面白いところ。

丸く刈り込んでスタンダード仕立てにしたり

株立ちにして幅にボリュームを出したり

もちろん、シンプルに1本立ちで仕立ててるのもいいですね。ルーツポーチとも相性バッチリです。

現在両筑プランツショップで販売しているのはこちらです。

アクメナ リリーピリー 株立ち( φ27cm )

アクメナ リリーピリー ルーツポーチ入り(φ21cm)

初めてのアクメナセット (送料無料)

シジギウム

シジギウムもオーストラリアの植物。アクメナとはとても近い親戚みたいな感じなので、性質が似ています。

  • 家の中で育つ。真っ暗な場所は難しいけど、窓側などちょっと明るめの場所ならベスト。
  • 水やりの調整がいらない。常に土が湿った状態にしておけば大丈夫。
  • 剪定しやすい。ちょっと切ればすぐに新芽が出てくる。

ここはアクメナと一緒です。

シジギウムは、葉のバリエーションが豊富なのが、アクメナとちょっと違うところ。

シジギウムリーベリーは、葉がちょっと尖っていて、新芽がショッキングピンク。

ブッシュチェリーは丸みがあります。そして低木なので1mくらいの大きさ。

斑入りの葉は、白のバリエガタ

黄緑などが入り混じるサザンライト。

ざっと挙げても、葉が色々、個性もいろいろです。

そして、みんな半日陰や日陰の方が葉の色が濃くキレイに育ちます。屋内でももちろんです。

今オンラインショップで販売中はこちら。

シジギウム サザンライト 伝市鉢入り( φ18cm)

シジギウム ブッシュチェリー スタンダード仕立て(φ30cm)

シジギウム リーベリー 株立ち ルーツポーチ入り(φ21cm)

シジギウム ブッシュチェリー スタンダード仕立て φ24cm

初めてのシジギウム サザンライト セット (送料無料)

キサントステモン

キサントステモンは、オーストラリアのケアンズやブリスベン周辺で街路樹にもなる植物。

日本での問題は、耐寒性!

0度下回ると、植物自体が死ぬわけではないのですが葉の8割は枯れてしまいます。

そんなんだと、日本で育たない、、、と思われるでしょうが、観葉植物として屋内で育ててしまえばいいのです。

春〜秋は外で育てても大丈夫です。冬に寒くなったら、屋内に取り込んで、窓側など温かめの場所で育てます。

もちろん、年中屋内でも大丈夫です。

窓側の日当たりが良い場所がオススメ。その方が、葉の色が良くなります。

キサントステモン は、黄色の花が6月頃に咲きます。花はとてもオーストラリアっぽいなと、個人的には思ってます。

現在販売中はこちら。鉢のサイズが2種類あります。

キサントステモン ルーツポーチ入り (φ24cm)

キサントステモン φ21cm

 

屋内で植物を育てる上で、注意したいこと。

屋内だと害虫が発生しないと思われがちですが、実は発生するんです。

一番多いのは「カイガラムシ」。

なんで家の中なのに、虫が発生するの?と思われるでしょうが。

カイガラムシは空気で流れてきて付着することがあります。人の目に見えないところで繁殖して、一気に広がることも。

カイガラムシは、空気の流れが悪いと発生しやすいです。あと、剪定をあまりしてなくて枝が混み合っていると、カイガラムシが発生しやすくなります。

屋内は自然に風が吹くことがないので、カイガラムシが発生して広がる条件が沢山あります。

なので、発生しないよう、時々外に出して風に当てるというのも、一つの方法です。

あと、カイガラムシが発生すると、葉がベタベタし始めます。カイガラムシの排泄物が葉に落ちるから。見つけたら即葉の裏や枝をしっかりと見て、歯ブラシなどを使って駆除して、あとはシャワーでしっかり洗ってください。

ベタベタした状態にしておくと、すす病という葉の表面が真っ黒になる病気を起こします。

カイガラムシの駆除方法はこちら。→アカシアによくつく虫

カイガラムシについての情報は、こちらを参考にしました。→住友園芸 カイガラムシ

 

植物を育てていると、生きものなのでどうしても害虫や病気の影響を受けます。

購入した後で、ちょっとでも気になる症状があったら、私たちに相談してください!

LINEの友達追加→LINE 
メールでの相談→メール
LINEともだち追加
 
新入荷再入荷

CART

follow me

Instagram

Facebook