こんにちは、ミクです。

子供と二人で虫展に行ってきたお話です。

虫展は21_21 design site で開催中。11月4日で終わります。

子供は2回目。私は初めてでした。

デザインの視点から虫の構造などをみる展示なのですが、大人も子供も一緒に楽しめる展示でした。なんせ子供は2回目ですからね、、、前回も時間をかけて展示を見たそうですが(夫いわく)、今回も展示を何度も繰り返してみてました。

入ってすぐの展示では、昆虫標本がありました。

見たこともないサイズの蝉やチョウチョがあり。子供は「これ何?」と興味津々。私も見たことがない虫が多かったです。

虫は自分が生きている環境で生き抜くために、いろんな色や形、機能を備えて進化してきたと思いますが、蝶一つにしてもかなりバラエティがあって面白かった。

他に、スケルトンのカブトムシがあって、内部の構造を見たり、、、

紙でできた虫がパタパタ動いてたり、、、。

虫へんの漢字が集められてて、めくると裏に意味が書いてある展示があったり。

他にも映像展示があったりと盛りだくさん。

 

植物を育てていると、虫は天敵な場合が多いので発見したら即駆除が多いので、今回見た中でも「これ、植物についてたらアウトだな、、、」というのはありました笑。

特にゾウムシカミキリムシですね。樹木の幹の中を食い荒らされてしまうので。

普段これだけの虫を見る機会はないと思うので、興味ある方はぜひ!明日で終わりですが。

 

 

LINE@友達追加でお得な情報GET
植え替えサービスについて

CART

follow me

Instagram

Facebook