こんにちは、両筑プランツショップです。

ルーツポーチについてお客様からチャットやLINEで相談が多い、苔についてブログを書きます。

 

そもそも、ルーツポーチに苔は、、、生えます!

こればかりは防ぎようがないです。

 

 

どんなふうに苔が生えてる?

両筑プランツショップで使っているルーツポーチにも苔は生えてます。表面にびっしりと生えてきます。

 

これはシジギウムを植えているルーツポーチなのですが、他の植物を植えても生えてます。

 

実際、苔が生えたからといって、植物に悪影響はないです。

見た目が気になる方は、苔をとってもいいかなと思います。

この草取り鎌で、表面を削る感じで落とすと苔は落ちます。ただ、今回とってもまた生えてくる可能性は高いかなとおもいます。

おそらく、このタイプの苔が生える方が多いと思いますが、中にはこんな苔が生えたことある、と言う方はいませんか?

これも苔の一種なのですが、ゼニゴケといいます。

ゼニゴケも、どこにでも生えます。ルーツポーチの表面だけじゃなくて、鉢の土にも生えることがあります。

水分が多いと生えやすい感じですね。私たちはとって捨ててます。ほったらかしにしておくと鉢だけじゃなく内部の土の表面まで覆ってしまって、水やりした時に浸透しにくいのです。

 

そしてゼニゴケについて、ネットで調べてたらこんな記事がありました。

自分達は見つけたら取って捨てていたので、こんな活用法があるのか、、、と新鮮な感じがしました。
最近苔テラリウムとかあるし、ゼニゴケを使ってもいいんですよね。
気になる方は上のリンクからご覧ください。

ルーツポーチの表面に苔が生えるのは仕方ない

そうなんです、こればかりは防ぎようがありません。
本格的に苔が生えてなくても、こんな感じで表面がうっすら緑色になることも多々あります。
ルーツポーチが布でできているので、表面に苔が生えやすいと言うのもありますし、時々雑草のタネが発芽して生えてくることもあります。
植物の生育自体に悪影響を与えるものではないので、あまり心配しなくても良いのですが、見た目を重視する方にとっては苦痛かもしれないです、、、。
植物にとって、ルーツポーチは本当に良い植木鉢なので、苔のことがあってもメリットの方がはるかにあります。
ルーツポーチを使う前に、メリットデメリットを考えてみてから買うことをお勧めします。

友だち追加

LINE@友達追加でお得な情報GET
植え替えサービスについて

CART

follow me

Instagram

Facebook