こんにちは、両筑プランツショップです。

 

今回は、タイトルの通り、調子が悪くなったコーストバンクシア セイラの植え替えをどんなふうにしたのか、ブログを書きました。

 

ちなみに、これは悪い見本です!

こんな状態になるまで放置しないでください!

こうなる前に対処しておくのがベストなので、、、。

 

今回植え替えをするコーストバンクシア セイラは、2年前に自分が育て始めたものです。

今年に入って、そろそろ植え替えしてみようかな、、と思っていました。

春になって新芽が出る前にと思っていたけれど、忙しくてやる時間を確保しなかったら、新芽が伸びてきたものの、なんだか色が悪いし伸びてもすぐに枯れるようになりました。

 

そして生長した葉は半分くらい茶色になったりしているとこが多いのです。

下から伸びていた枝は、葉が全部落ちて何もない状態に、、、。

 

 

梅雨の間に植え替えてしまって、夏に備えておかないと枯れてしまうと思いました。

 

まずは、ルーツポーチからセイラを抜きました。

根の状態はとても良くて、しっかりと伸びていました。ルーツポーチに張り付いている感じはなかったです。

 

ちょっと気になったのが、植え方が深すぎたせいか、適正な植え方をしていたら下の方にもっと根が伸びるスペースがあった感じなんですよね。なのでこの状態で3ガロンに植えるにはちょっと大きすぎると思ったので、元から植えていた2ガロンに戻すことにしました。

根の状態は問題なし本当に綺麗に伸びてました。コガネムシの幼虫も入ってないので安心。

 

ルーツポーチに植えて、まずは枯れた太い枝を切り落とします。

先が変な状態になっているのは、枯れた枝がバキッと折れてしまったせいですね、、、。

切ったあとを見ると、黒く変色していたので完全に枯れてましたね。ここにはトップジンを塗っておきます。

 

あとは、全体的にスッキリさせるために剪定しておきます。

 

新芽が伸びている枝も落とします。

色が悪いし回復してきた他から良い状態の新芽が伸びてくると思うので、ここでは落とす方が良いと思いました。

葉が落ちてしまった枝も切っておきます。切ると芯が乾燥した状態なので枯れてましたね、、、。

 

枝を落として、これくらいスッキリした状態にしてみました。

 

スカスカ感じになったけど、これから新芽が伸びる可能性は大なので、思い切って剪定しておいてよかったと思います。

所々葉の色が悪くないのもあるので、残してます。

そして、肥料をあげました。グレヴィレアバンクシア用の肥料です。植え替えして剪定もしたので必須です。

そして湖の恵 プランツプラスもあげました。

 

そしてさらに、土いきかえるもあげました。

今回の土は、再利用の土に堆肥を混ぜたものを使っています。なので、追加で土壌の状態も良くなるように土いきかえるもあげました。

あとは様子を見つつ、回復を待とうと思います。

 

今回調子を悪くした原因は、植え替えが遅くなったのと、ちょっと深植えしてしたせいで下の方に根が伸びるスペースがなかったことも原因かなと思います。

コーストバンクシア セイラは大体2年くらいで植え替えた方がいいかどうか、状態をチェックした方がいいですね。今回みたいに新芽が枯れるのは明らかに良くないです。

なので、似たような状態になっている方は、LINEもしくはショップ内のチャットで相談を。両筑プランツショップの植物なら相談受けてますので!

 

あとは無事新芽が伸びて回復してくるように、管理頑張ります!

 

友だち追加

LINE@友達追加でお得な情報GET
植え替えサービスについて

CART

follow me

Instagram

Facebook